ファクタリングのメリット・デメリットをしっかりと学ぼう!

ファクタリング メリット・デメリット ファクタリング

メリット・デメリットを知って、上手にファクタリングを活用しよう

ファクタリングは、融資とは違う資金調達方法として近年注目されています。利用者や取引金額が増加すると共に、ファクタリングを取り扱う業者も年々増加傾向にあります。

世界的にも利用者の多い資金調達方法であるからといって気を緩め過ぎず、その性質からくる「メリット・デメリット」をしっかりと把握して上手に使わないといけません。

融資とは違い毎月の返済がなく返済苦に悩まされないとはいえ、ファクタリングにはファクタリングの悩みというものが出てきます。

ファクタリングについてより深い知識を付けるため、そしてファクタリングを上手に安全に使うためにもメリット・デメリットについての正しい知識を身に付けましょう。

 
今すぐ無料一括売却査定申込み
 

ファクタリングのメリット

スピーディーに資金調達ができる

ファクタリング最大のメリットは、この資金調達までのスピードです。通常であれば支払日までまたなければ入金されない売掛金を、期日より早く手元に調達することが可能となります。

融資とは異なり信用情報に関する審査もありませんので、審査にかかるスピードも比較的早いのも特徴です。

事業を行っていく中で、とにかく早急に資金を調達しなければならないシチュエーションは誰にでも訪れることです。そのタイミングでファクタリングは強い味方となってくれるでしょう。

返済負担がない

資金調達方法として真っ先にイメージされるのは「融資」でしょう。事業性のローンや消費者金融のカードローンなどその形は様々です。

融資も手軽に行える資金調達方法として人気ですが、毎月の返済負担が伴うという点がデメリットとしてあげられます。完済するまで毎月一定の金額を返済しつづけなければならす、支払いが終わるまで1日1日に利息がかかってきます。

ファクタリングは融資ではありません。手数料を払って売掛債権を買い取ってもらうという仕組みの資金調達方法です。そのため、「毎月の返済」「利息負担」に悩まされることはありません。

「1回の資金調達で、長期間に渡って返済負担が経営を圧迫することがない」という大きなメリットがあります。

柔軟な審査対応

経営者の方の中には、ファクタリングを検討する前に『融資』の申し込みを断られてしまったという方もいらっしゃるでしょう。

先ほども触れたように、融資(ローン)は貸金となりますので信用情報の審査が必須となります。個人向けのカードローンなどとは異なり、金額が大きな取引になればなるほど審査の基準も上がり難易度が増してきます。

そのため、経営状況や過去の金融取引での返済履歴・事故情報など様々な要因によって審査落ちになってしまうケースも少なくありません。

「何社受けても融資の審査に通らない」そんな時でも、ファクタリングであれば利用ができる可能性が残されています。

ファクタリングの審査では信用情報の開示は行われません。買い取ってほしいと提示された売掛債権の信用度を中心に審査が行われます。

融資を受けられずに困っているという方は、ファクタリングによる資金調達を検討してみましょう。

ファクタリングのデメリット

手数料が発生する

ァクタリング契約における最大のデメリットはこの「手数料」です。

もちろん、他の金融契約においても「金利」や「利息」といった手数料が発生しますので、無料で資金調達できるわけではないという点においては共通です。

注意しておきたいのは、ファクタリングの手数料は融資の金利や不動産担保ローンなどの利息と比較すると非常に高額になるケースがあります。

例えば、200万円の売掛債権を売却する際に2社間ファクタリングで20%のファクタリング手数料が発生したという場合

200万円の20%なので40万円が手数料として徴収されます。

同じ金額を消費者金融で借りた場合、貸金業法にともない金利は最高でも15.0%に設定されます。これを1年かけて返済した場合、利息は約166,000円となりファクタリングよりも安いことがわかります。

もちろん、利用する金額や契約の方法によっても異なるため、ファクタリング契約のすべてが高額手数料というわけではありません。場合によっては高額な手数料がかかってしまうことがあるということを頭に入れておきましょう。

業者が多く、選ぶのが大変

ファクタリングを取り扱って企業と取引するのには、特別な資格や免許は必要ありません。そのため、需要の増加に伴いファクタリング業者も増加傾向にあります。中にはファクタリング業者を装った悪徳業者もまぎれているから厄介です。

業者数が多い分、どの業者を選べばよいのかわからないという悩みがでてきます。様々な情報を自分の中にしっかりと落とし込み選んで行くことが必要となります。

ファクタリングから抜け出せないケースも

これは最も気を付けなければならない点です。1度や2度のファクタリングによる資金調達であれば問題ありませんが、ファクタリングがなければ事業が成り立たなくなってしまい毎月ファクタリングを繰り返してしまうといったケースも見受けられます。

上述したようにファクタリングの手数料は決して安いものではありません。そのため、ファクタリングが癖になってしまうようであれば、一度資金繰りについて見直しを図っていく必要がでてきます。

 
今すぐ無料一括売却査定申込み