融資を断られていてもファクタリングができるのか?

ファクタリング断られる ファクタリング

なぜ融資を断られる?

会社の状態や経営者の信用情報などから“返済能力が低い”と判断された場合、法人向けローンや事業性融資などで審査落ちになってしまいます。

具体的には、以下の4つの理由が考えられるでしょう。

・決算書の数字が悪い
・税金の滞納がある
・経営者の信用情報に傷がある
・業種や情勢から、今後の業績が危ぶまれる

これらに当てはまる人(企業)は、融資の審査落ちになってしまう傾向にあります。

ファクタリングの審査は融資とは別物!

ファクタリングと事業性ローンの審査は全くの別物です。決算書や信用情報など、見ている資料自体は同じかもしれませんが、それぞれ重要視しているポイントが異なります。

事業性ローン・融資の審査…利用者の返済能力

融資先企業の社会的信用力

継続的な収入見込み

ファクタリングの審査 …売掛債権の信用力

ローンや融資といった貸金契約においては、長期的な返済が必要となります。その為、返済能力や会社の社会的信用力・収入見込みなどを総合的に考えていく審査が行われていきます。判断を誤ってしまうと、貸し倒れが起こりローン会社は大きな損失を抱えてしまうことになるでしょう。

一方でファクタリングの審査では、買い取りを行う予定となっている売掛債権がどのようなものなのかという点が重要となります。実際にお金を払うのは、ファクタリングの利用会社ではなく、その先の売掛先です。売掛先がきちんとお金を払いさえすれば、ファクタリング利用会社の経営状況は問題ではありません。

このように融資(貸金)の審査と、ファクタリング(売買)の審査では、「どうなった時にローン会社が損をしてしまうのか」というポイントが異なるため、審査にて重要視されるポイントもおのずと変わってくるのです。

ファクタリングの審査ポイント

ファクタリングの審査において重要視される「売掛債権の信用度」を、ファクタリング会社はどのようにして判断しているのでしょうか?

売掛先の会社に連絡を取って、決算書などを提出させて審査をしていたら?と不安に思う方もいらっしゃるかもしれません。

実際にファクタリングの審査において、相手先の企業に決算書などを求めることはまずありませんのでご安心ください。

売掛債権の信用度に重きを置いた審査であっても、判断材料となる情報を売掛先企業に求めることはありません。ファクタリングの申し込みをしてきた企業から提示された資料をベースに審査は行われていきます。

ファクタリング申し込み会社と売掛先との関係性

ファクタリングを利用しようとしている会社と売掛先との関係性は要チェックされるポイントです。以前から取引があるようであれば、相手(売掛先)はいつも期日通りに入金を行っているか、どのくらいの金額で日頃取引をしているのかといった事項を確認するはずです。

インターネット上だけの関係ということではなく、実際に対面で取引をしている関係であれば相手先企業がどのような方あるか聞かれることもあるでしょう。

売掛先企業の社会的信用力

ファクタリング申し込み会社からの聞きとりや資料に加えて独自の調査を行い、売掛先企業が信用に値するかを調査していきます。

企業の概要などの基本的な情報は、インターネットやWEBサイトから知ることができます。企業情報データベースや官公庁が公表している様々な情報を参考にすることもあるでしょう。

また、同業者などから情報を集めるというローン会社もあるでしょう。債権の重要度を測るにあたって、売掛先企業の信用力は重要なポイントです。

売掛金の入金予定日

買取する予定の債権の入金予定日がどのくらい先のものなのかは、大きなポイントとなります。売掛債権というと、1ヶ月~2ヶ月というスパンでの入金が行われるのが一般的です。

しかし、建設業やイベント関係の会社などでは、入金予定が半年以上先といったことも珍しくはありません。入金日までの期間が短い債権ほうが、審査も有利に進みます。

融資がダメでも諦めない

何社受けても融資の審査を通過できないと困っている方は、ファクタリングという選択肢を検討してみてはいかがでしょうか。

ファクタリングは、貸金契約ではありません。これから入金予定のお金(売掛金)を受け取る権利(売掛債権)を売却することで資金を調達する方法です。

そのため、売掛債権さえしっかりとしていれば、会社の経営状況などは融資の審査より重要視されずに審査が行われます。

融資を受けられないことにより、経営状況が悪化して倒産を余儀なくされてしまう中小企業は後を絶ちません。そのような企業の方は、融資が受けられなかったからといって資金調達が無理だと諦めてしまっているのです。

融資だけが資金調達の方法ではありません。ファクタリングというと聞きなれない・本当に安全な手段なのか?と思う方も多いでしょう。ファクタリングは世界的に多くの企業が積極的に活用している資金調達方法です。審査の面以外にも、様々なメリットがある有効的な手段です。

融資を断られて困っているという方でもファクタリングを契約できるチャンスは多いにあります。ぜひ検討してみてはいかがでしょうか?