ファクタリングはブラックでも即日契約が可能?

ファクタリングブラック ファクタリング

信用情報ブラックとは

信用情報とは、本人を識別するための情報のほか金融契約の申込内容や契約内容、支払状況、残高などで構成されています。

国内には3つの信用情報機関が存在し名称を「指定信用情報機関(CIC)」「日本信用情報機構(JICC)」「全国銀行個人信用情報センター(KSC)」といい、それぞれの期間が様々な種類の個人情報を保存しています。

 
今すぐ無料一括売却査定申込み
 

実際にどのような内容が載っているのか、以下表にまとめました。

個人に関する情報 名前・性別・住所・生年月日・携帯電話番号

勤務先名称・勤務先電話番号

本人確認書類の番号(免許証や保険証)

申し込みに関する情報 金融商品に申し込みをしたという履歴
契約に関する情報 金融商品を契約したという履歴

金融商品の種類名・契約日・限度額

お金の流れに関する情報 借入残高・返済状況
その他 事故情報

盗難等の情報

 

機関によって保存されている情報は多少異なりますが、このように様々な情報が載っています。これは、クレジットカードや消費者金融・携帯電話の本体代金の分割払いといった金融商品を申し込んだ際に自分自身が申告した情報がベースとなっています。これに加えて、各金融機関などが利用状況を載せることで日々更新されていくのです。

信用情報ブラックとは、「この人は社会的に見て信用できない」と判断されるような悪い情報が信用情報載せられている人のことを意味します。

よく耳にする“ブラックリスト”という言葉では、信用情報が悪い人だけを集めた特別なリストがあるように聞こえますよね。実際にはそうではなく、信用情報に事故情報や悪い返済状況などが掲載されている人のことをブラックリストや信用情報ブラックと表現しているのです。

ブラックになる理由

どのような情報が載っていれば“ブラック”に認定されるのかといった明確な基準はありません。ただ一般的には、以下のような情報が載っている場合、ブラックだと判断されることが多いでしょう。

《事故情報》

・長期延滞:2~3ヶ月以上支払を延滞している状態

・延滞解消:最近まで延滞していたが解消したという状態

・債権回収:支払督促や強制執行など、貸し手側が法的手続きに出ているという状態

・強制解約:金融業者が悪質な顧客と判断し、強制的に解約したという状態

・自己破産:裁判所にて破産申請を申し立てた人

紹介しているのは一例で、他にも状態によって様々な種類の情報が掲載されます。

クレジットカードや銀行系カードローン・消費者金融などで、支払い遅れなど事故を起こすことで信用情報に傷がついてしまうのです。

ブラックでもファクタリング契約は可能?

信用情報を用いて審査を行う義務があるのは、貸付契約を結ぶ金融業者です。一方、ファクタリング契約は、貸付ではありません。自分が貰う予定の債権の権利を売却することで資金を得る方法ですので、貸付契約ではなく売買契約です。

つまりファクタリング会社は、審査の段階で信用情報の照会を行う義務はありません。

融資やローンなど長期的に返済していく貸付契約とは異なり、この先入金予定の債権を売却するファクタリングでは、「その人がブラックかどうか」「きちんと返済してくれそうな人かどうか」ということよりも、「買い取る債権は信頼できるものか」ということの方が重要なのです。

よって、ファクタリング業者の中には“ブラックでもOK”や“信用情報の審査をしない”ということをアピールポイントとして掲げている業者も多く存在するのです。

最終手段としての活用もアリ!

信用情報がブラックでも、ファクタリングを利用することは可能です。ファクタリングであれば、最短で即日融資も可能な業者がたくさん存在しますので、各種支払など資金繰りに困った時に強い味方となってくれることでしょう。

事故情報などのブラックに関する情報は5年~10年という長期に渡って信用情報機関に保存されます。この間、金融契約を結ぶことは大変厳しいと言えるでしょう。

5年~10年の間、資金繰りに困るシチュエーションが1回も来ないとは言いきれません。信用情報がブラックであっても、資金調達をしなくてはどうにもならないという状況は訪れるはずです。

そんな時に、「信用情報がブラックだから」という理由で資金調達を諦めないでください。

もし貴方の会社に売掛債権があれば、その債権を売却することで資金調達できるという道が残されているかもしれません。

多くのファクタリング会社が、事業主の信用情報を照会せずに審査をおこなっています。そのため、信用情報がブラックでも心配せずに申し込みをすることができるのがファクタリングの大きなメリットの1つです。

そうは言ってもどうしても心配が残るという方は、「ブラックでもOK」とうたっている業者を選ぶことや、あえて隠さずに自身の信用情報がブラックであることを相談してみるのも手段の一つです。

信用情報がブラックでも問題なく資金調達ができる、ビジネスシーンにおける資金調達方法の最後の砦としてもファクタリングは重宝されています。

 
今すぐ無料一括売却査定申込み