ファクタリング会社の悪質な手口とは?

ファクタリングの悪質な手口 ファクタリング

ファクタリングの悪質な手口を知って会社を守ろう

ファクタリング業者の中にも、優良業者とそうでない悪質業者とが存在します。近年では、悪質業者によって被害を受けたという人が増加し、金融庁や警視庁が注意喚起を促すほどです。

これからファクタリングを使う際、悪質業者に騙されないようにするためにも、悪質業者の手口を学んでいきましょう。

事業を経営する立場からすると資金を調達することも重要ですが、それ以上に会社を守ることが大切です。会社を継続するためにと資金調達をしても、その調達方法を誤ったがために事業を存続していくことができなくなるケースも少なくありません。

会社を守るという意味でも、悪質な業者に騙されないようにリスクヘッジを行っていきましょう。

 
今すぐ無料一括売却査定申込み
 

実際の悪質な手口を学ぶ

金融庁や警視庁・日本ファクタリング協会のホームページには、悪質なファクタリング業者やファクタリング業者を装ったヤミ金融などによる犯罪の手口が複数掲載されています。

その中からいくつかピックアップして、解説していきます。

それらしい名目で手数料を取る

ファクタリング手数料が“業界最低水準”ということだったので、迷わず電話で相談をしてみました。

電話相談の時に提示された手数料は、ネット上に載っている相場の範囲内でした。

必要書類を揃えていざ契約となった時に、「保証料・手付金・審査費用」など電話では聞いていなかった様々な費用が必要と言われました。

どこのファクタリング会社にいっても同じ様に発生するといわれ、仕方なく了承しました。

後日計算してみると、合計で手数料として相場をはるかに超えたお金を取られていたことがわかりました。

ファクタリングで発生する手数料などの諸費用は、“ファクタリング手数料”として「売却した債権の〇%」と計算されて差し引かれることが一般的です。もちろん、「事務手数料」「登記費用」など一つ一つの項目についてしっかりと説明してくれる業者もあるでしょう。

問題は、本来発生させるべき手数料に加えて、実際には発生していない名目で手数料を追加徴収して利益としているという点です。

見積もりの時にはなかった、よくわからない費用が追加されている場合などには注意が必要です。

悪質な業者と契約をしてしまったことは、契約後に気づいて後悔するというパターンが一般的ですが、このケースに関しては「相手が悪質業者であったことに気づきにくい」という一面も持ち合わせています。

比較対象となりやすいファクタリング手数料のパーセンテージは、市場相場から大きく相違しないように設定している業者が多いため、一見すると普通のファクタリング業者のように見えてしまうのです。そのため、リピーターとして繰り返し被害に合うケースも少なくありません。

事前の電話相談などで聞いていた手数料よりも、契約の直前で上乗せしてくる業者は悪質業者の可能性が高いです。

ファクタリングから融資にもっていく

相場と言われる範囲内の手数料でファクタリング契約を結び、数週間してから融資の勧誘を受けました。

ちょうどファクタリングで調達した資金が底をつきそうだったので、誘いにのって契約をしてしまったのですが、実態はヤミ金でした。

少し借りただけなのに、気付けば利息が膨らんで元金をはるかに超えた金額になってしまいました。

最初はファクタリング会社として優しく接してくるのですが、後々本性を表すというパターンです。ちょうど資金が底をつくであろうタイミングを見計らって、融資を持ちかけてきます。

また、2社間ファクタリングの返済を分割で対応するという話の持っていき方もあるようです。

「すでにファクタリングで信頼関係が気づけているから」といった言い回しで、無審査や即日融資を急にチラつかせてくる業者は要注意です。

融資を持ちかける

売却する債権が少額だったこともあってか、審査落ちとなり、「ファクタリングをすることはできないが、系列会社で融資を受けることはできる」と言われました。

どこの融資も受からずに、少ない債権をファクタリングで売却しようとしていた所だったので「助かった」と思い融資先を紹介してもらいました。

紹介された業者は、「○○(ファクタリング会社)の紹介なので、無審査で貸しだせます」とのことで、すぐに融資をしてくれました。

結果として、あまりの暴利に返済ができなくなり弁護士をはさんで大きなトラブルになってしまい後悔しています。

ファクタリングではなく、融資をもちかけてくるという例です。

系列店と言ってヤミ金を紹介するケースや、うちはファクタリングだけでなく融資も行っているというケースもあります。

ヤミ金からお金を借りてしまうと、ひどい取り立てや脅しを受けて資金を徹底的に貪り取られてしまうでしょう。

無審査で融資ができるという甘い話にのせられて契約を結んでは行けません。

ファクタリングの申し込みをしたのに、融資を持ちかけてくる業者はまず怪しいと疑ってかかりましょう。

悪質ファクタリング会社は言葉巧みに狙っています

悪質業者の裏には、詐欺グループやヤミ金融・反社会勢力などとの濃厚な繋がりがあるものと推察されます。

悪質な業者に騙されてしまうと、損失は金銭面だけに留まりません。
「取引先への通知や迷惑行為・同業者に知られるような嫌がらせ」など、その後の事業運営に大きなダメージを受けることになることは容易に想像できます。

ファクタリング会社選びには、細心の注意を払うようにしてください。

 
今すぐ無料一括売却査定申込み